HOME > 施工状況 > フローリング張り

フローリング張り

2012-05-09
P1020420

西条市 借家リフォーム工事3

今回は、お手軽リフォームの定番、和室の床(畳→フローリング)改修です。

 

まず既存の畳を撤去します。

畳の厚みは約55~60mm位が定番です。

今回は55mmでした。

本畳なので重い!

 

 

 

 

 

畳を撤去してしまうと、このような板張り状態です。

この時、浮いている板を補修しておきます。

 

 

 

 

 

 

畳の厚さに合わせて木材の大きさを決めます。

畳が55mmだったので、野縁30×40(写真の木材)の30mm+コンパネ12mm+フローリング12mm=54mmで仕上げていきます。

 

 

 

 

ついでに、敷居の中央部が下がってガラス戸が開きにくかったので、クサビで敷居の高さ調整をしています。ちょっとした事で、日々のわずらわしさが解消されます。

 

 

 

いきなり仕上がってしまいましたが、コンパネの状態での写真を撮り忘れました。完成で~す。

 

※フローリングは、ワックス不要タイプをおススメします。清掃時ワックスがけの手間が要らず、拭き掃除のみで表面のつやが持続します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お問合せ

pegetop

Copyright© 2015 J.m建築設計事務所 All Rights Reserved.