HOME > 施工状況 > 基礎断熱工法!

基礎断熱工法!

2016-03-13
基礎断熱

新居浜市 S様邸 新築工事

基礎断熱

●基礎断熱工法とは、 床に断熱材を施工せず、建物の外周に面した基礎の立ち上がりに断熱材を施工し、床下換気口や基礎パッキン工法を設けない断熱工法です。

●基礎断熱工法は、床断熱に替わる断熱技術として諸外国で生まれ、寒冷地の北海道で一般の床下をもつ住宅への試行・検証がなされ、寒冷地の汎用技術として確立されてきました。(北海道立北方建築総合研究所) 床断熱と大きく異なる点は、床下換気口を持たず、基礎に断熱区画を設ける(基礎より内側を室内側と考える)という点です。

 

P1060552当然の事ですが断熱材の継目には、気密テープを貼るかコーキングで隙間を埋めなければ高断熱の意味がありません!天端部分の基礎コンクリートとの隙間は、発泡ウレタンできっちり埋めます。

 


お問合せ

pegetop

Copyright© 2015 J.m建築設計事務所 All Rights Reserved.