HOME > 施工状況 > バルコニーFRP防水

バルコニーFRP防水

2016-02-07
P1060669

新居浜市 S様邸 新築工事

P1060669

FRP防水の特長1

FRP防水の防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。
←①下地-木造住宅なので、当然下地も木で造ります。

 

P1060673FRP防水は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。

②補強-ガラス繊維(補強材)を敷詰めたところです。→

 

 

P1060674←③樹脂塗装-ガラス繊維の上から樹脂を塗り重ねたところです。

この工程を繰り返します!

 

P1060679④乾燥仕上がり→出来上がった防水層は、継ぎ目のないシームレスな層となり、優れた防水性能を発揮します。

 

 

 

 

FRP防水の特徴2

塗膜の硬化速度が速いため、何層も塗り重ねる仕様でも1日で施工を完了させることが可能な事です。その為、木造住宅バルコニーなどの防水として多く採用されています。

この後、FRP層を紫外線などから保護するために、トップコートを塗布し完了です。

 

 

 

 


お問合せ

pegetop

Copyright© 2015 J.m建築設計事務所 All Rights Reserved.