HOME > 社長のたわごと > BELS認証!

BELS認証!

2017-11-03
P1080699

新居浜市O様邸 新築工事

P1080699BELSプレート

先日BELSのプレートが届きました。

これは、これから施工させていただくO様邸新築住宅の省エネ性能を表示した物です。

『BELS』って何?と思う人も多いでしょう。

軽く説明します。

「Building-housing Energy-efficiency Labeling System」の頭文字をとった略称で、「BELS:ベルス」と読みます。

平成284月より施工がスタートした制度でBELSは、住宅(建築物)の省エネ性能表示制度のことです。(建築物の省エネ性能の表示制度は、建築物のエネルギー消費性能に関する法律に基づいてます。)

 

表示する事によって、ラベルを見ただけで、家の性能が分かるようになった訳です。

01表示

表示についても少し説明します。

BELSの評価は、新省エネ基準の性能を持つ住宅に対して、★を利用して5段階で省エネ性能をランク付けしています。最高ランクは5つ星で、2個が省エネ基準適合、3個が低炭素認定基準適合の場合です。省エネルギー基準における一次エネルギー消費量と外皮性能の適合の可否も表示されます。そのため、5段階評価で5つの星で省エネルギー性能表示のグレードを表すので、専門知識の無い方でも、一目みただけで分かりやすくなっています。
「★の場合」BEI1.1で、既存の住宅に与えられます。
「★★の場合」BEI1.0で、2020までにはこの2つ星取得が義務化されます。
「★★★の場合」BEI0.9で、認定低炭素住宅に与えられます。
「★★★★の場合」BEI0.85で、トップランナー基準を満たした住宅に与えられます。
「★★★★★の場合」BEIが 0.8で、ゼロエネルギー住宅に与えられます。(国交省)

ここで『BEI』って何?と思う人も多いでしょう。

話が長くなりそうなのでBEIについてはご相談下されば詳しくお話させて頂きます。

最後にそもそもなぜ『BELS』を取る必要があるのか?補助金を申請するのに必要等いろいろあると思いますが、その狙いは『住宅価値の見える化』にあり長く住んでも資産価値の下がらない健康住宅を造るという事と省エネ性能の表示に特化した基準なので、住まい選びの価値観として、特に省エネに関心がある方にとっては大きな目安とすることができます。

 

 


お問合せ

pegetop

Copyright© 2015 J.m建築設計事務所 All Rights Reserved.