HOME > 施工状況 > 木造上棟その後

木造上棟その後

2012-11-17
P1030322

三豊市F様邸 新築工事

上棟飾りです。

2階屋根裏にしっかりと飾られました。

屋根裏、垂木の間にある青い物は、断熱材(スタイロフォーム)です。

天井裏にも、断熱材(ロックウール)を敷詰めるので、二倍の断熱効果です。

 

 

 

 

 

 

 

 

透湿防水シートが貼れるまでの間、ブルーシートで外部廻りを養生しています。

この間大工さんは、金物仕舞に奮闘しています。

 

 

 

 

 

 

透湿防水シートが貼れました。

これで雨の日でも内部に水が入ってくることはありません。

風も防いでくれるので、内部は結構あったかいです。

 

 

 

 

 

通気工法と透湿防水シートの話

住宅の耐久性向上を目的に、壁体内の湿気等の水分を排出させる「通気工法」が一般化しています。「通気工法」は透湿防水シートと外壁仕上げ材との間に胴縁などを用いて通気層を設ける工法です。
※木の板を横手に張っているのが胴縁です。(外壁が縦張りなので、胴縁は横張りです。)
室内で発生した水蒸気など湿気を含んだ空気が万一壁体内に入り込んだ場合、湿気は透湿性のある透湿防水シートから通気層を通じて屋外に排出され壁体内結露の発生を防止します。
また、外壁仕上げ材の接合部等から浸入した雨水が壁体内に入り込むことを防ぎ、速やかに排出します。

 

 


お問合せ

pegetop

Copyright© 2015 J.m建築設計事務所 All Rights Reserved.