HOME > 施工状況 > 基礎工事6!

基礎工事6!

2012-09-21
P1030026

新居浜市 B様 新築工事

土間コンクリート打設です。

今回もレッカー車を使っての打ち込みです。

土建屋さん2人、左官屋さん2人での作業です。

 

 

 

 

 

 

 

打ち終わり夕方の風景です。

既に表面が乾いていて、人が歩いても大丈夫なくらい固まっています。

この状態でコンクリートに水をかけ『散水養生』をします。

 

 

 

 

翌日、大雨です。

天然の『散水養生』です。

ここでコンクリートの豆知識

打ち終わったコンクリートは、充分な強度を発現させるため、所要の性能を確保しなければなりません。有害なひび割れを生じさせないよう養生をして、打ち込み後の一定期間を硬化に必要な湿度に保ち、有害な作用の影響を受けないようにします。表面がある程度硬化したら、コンクリート面には散水して湿潤に保つようにします。この作業を『散水養生』と言います。コンクリート表面を水で覆っても、水中でコンクリートは硬化するので充分に散水する必要があります。(水中の方が強いコンクリートが出来ます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

散水養生(さんすいようじょう)
 打ち終わったコンクリートは、充分な強度を発現させ、所要の性能を確保しなければならない。有害なひび割れを生じさせないよう養生をして、打ち込み後の一定期間を硬化に必要な湿度に保ち、有害な作用の影響を受けないようにする。
表面がある程度硬化したら、コンクリート面には散水して湿潤に保つ。この作業を散水養生という。コンクリート表面を水で覆っても、水中でコンクリートは硬化するので充分に散水すべきである。
表面だけが急激に乾燥すると、ひび割れの原因となるのでシートで日除け風除けをすると良い。

 

 

 

 


お問合せ

pegetop

Copyright© 2015 J.m建築設計事務所 All Rights Reserved.